<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

かきおこ

【かきおこ】

この間、しばらく仕事の連休があったので、その初日なら大丈夫とかきおこを作ってみました。

「かきおこ」とは・・・

瀬戸内の牡蠣生産エリアでの名物料理で、牡蠣が入ったお好み焼きのことです。

焼き方は広島のスタイルで・・・

鉄板にお好み焼きを焼き始め、その横で牡蠣をドバッと準備します。
c0152520_0471349.jpg

c0152520_047384.jpg

牡蠣の量は惜しまずドバッと!!
お好みはあくまでもシンプルに、ソバやウドンは使わず、味付けもソースと青のり、紅ショウガのみで・・・。
c0152520_0503077.jpg

コツは低温でじっくり蒸し焼きです。
出来上がりは、牡蠣自体の美味さに助けられて、とても美味しかったです!!

もう一枚は一般的な広島のそばモダン焼を作りました。
c0152520_052416.jpg

この数年、私自身は広島のお好み焼ブームで、なんとか美味しいものが焼ける様にいろいろと試行錯誤しています。
トッピングにシメジを入れると、食感がプリプリして美味しいです。
c0152520_0532120.jpg

少しは小マシなものが焼ける様になってきました。
しかし、まだまだ修行です。






最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2011-03-11 00:58 | 料理

牛スジといんげんのカリー

【牛スジといんげんのカリー】

先日、街に買い物に出かけた時、腹が減ったのでいわゆる日本のカレー屋さんに入りました。
初めて入った店で、メニューを見ると野菜のカレー以外はほとんど揚げ物系のトッピング(要するにカツ類)しかなく、その日は揚げ物の気分ではなかったので、トッピング無しのレギュラーカレーというものを注文しました。

なぜ野菜カレーを注文しないかというと、一般的な日本のカレー屋さんの場合、見た目が最重要視されるため、カレーの中に入る野菜は別に加熱調理され、最後にカレーソースの上にトッピングされて出てくることがほとんどで、この場合野菜に十分カレーソースの味が染みておらずあまり美味しいと思わないからです。
また、一般的な日本のカレーのソースはあまり野菜には馴染まないとも思っています。

そして出てきたレギュラーカレーを見て驚いたのは、ナント!本当に具が何も入っておらず、ご飯にカレーの汁のみがかけられたものでした。

この時の欲求不満があったからなのか、今日の朝カリーは日本のカレー屋さん的なカレーが食べたくなりました。

そこで冷凍庫の中を見ると、使えそうなものとして牛スジといんげんがあったので、それらで牛スジといんげんのカリーを作ることにしました。
c0152520_1121364.jpg

牛スジは一度圧力鍋で煮て柔らかくしたものを使いました。
そして以前からこのブログでよく提唱している様に、カリー1品で食事が完結する場合、バランスを考えてタンパク質+野菜の組み合わせで、今日はいんげんを加えました。
c0152520_11233540.jpg

いんげんはタイ料理などでもよくビーフと併せて使われることが多く、相性抜群です。
ビーフにはその他はオクラなどが良く合います。
ビーフというとヒンドゥの国インドでは一般的ではないので、カリーの食材としてはあまりピント来ないかも知れませんが、お隣のスリランカや南インドの仏教地域ではわりと普通に食べられています。

この組み合わせもなかなかいけるので、是非一度試してみて下さい^^






最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2011-03-09 11:30 | 創作料理


タイの一大クライミングエリア・クラビで旅行会社を経営してられるゆかこねーさんのwebサイト。
タイ南部のクライミング、ダイビング旅行の際は是非アクセスして下さい。




Blog Garden



最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧