<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マカーニー・ソース

【マカーニー・ソース】

ンド料理のカリーを作るためにベースとなるソースがあります。

全てのカリーのベースとなるわけではありませんが、だいたいのカリー料理に使われます。
このソースを「マカーニー・ソース」と呼びます。

このソースは、カリー作りの中で最も時間がかかる作業で、日持ちがするので、大量に作り置きして使われることが一般的です。

我が家のマカーニー・ソースが切れたので、今日、仕込みをしました。

いつも我が家では、タマネギ2kg分のマカーニー・ソースを仕込んで、タッパに入れて冷凍庫に保存しています。

ちょっとカリーを作りたい時には、このマカーニー・ソースを冷凍庫から少量出して、その時それぞれの具材と追加スパイスを使って、短時間で簡単にカリーを作ることが出来ます。

マカーニー・ソースの作り方もそれぞれのコックや家庭によって様々で、みんな自分のこだわりとレシピを持っています。
c0152520_21591471.jpg

まずはタマネギを柔らかくなるまでボイルします。
そして、ボイルしている間に、クリームやナッツ類、レーズン、ココナッツミルクなどをミキサーでペーストにしておきます。
c0152520_2213498.jpg

こうして料理を始めると、いつも我が家の住人達が興味津々で、キッチンのまわりに群がってきます。
c0152520_2221113.jpg

c0152520_2224137.jpg

次に、油を鍋に入れ加熱して、香り付け用のホールのスパイス達を炒めます。
c0152520_2252777.jpg

香りが出てきたら、そこにニンニク、ショウガ、トマトとパウダーのスパイス、塩を入れて炒めます。
c0152520_2254862.jpg

更に、先ほど作ったクリームとナッツのペースト、ボイルしたタマネギを加え、油がにじむまで炒めます。
c0152520_2261855.jpg

じわっと油がにじんできたら出来上がり。
このにじんだ油は「ロガン」と呼ばれ、炒め物や煮物の隠し味にちょっと使うとものすごくイケます。

カリーは、何でも長時間煮込めば良いというのが、日本のカレー文化での通説となっていますが、それは全くの間違いで、マカーニー・ソースさえしっかり作っておけば、あとは煮込み過ぎずさっと仕上げるのが美味しいです。
一度お試しあれ。


最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2009-11-30 22:23 | インド料理

オリーヴのある風景

【オリーヴのある風景】

山にクライミングしに行ったついでに、瀬戸内に浮かぶ島「直島」に立ち寄って来ました。

なぜ直島に寄ったかというと、地中美術館を見るためでした。

地中美術館は素晴らしい美術館でしたが、ここでは特に紹介する必要はないので、その他のトピックスです。

今回はアジア料理とは少し離れていますが、やはり食べ物と飲み物の話です。


今回、直島訪問中に「GARDEN」という素敵なカフェを訪れました。

そこでいただいたのが、自家製オリーヴの浅塩漬けとワインのセット
c0152520_047298.jpg

聞くところによると、このオリーヴは高松の農園で自家栽培されたものを塩漬けした、この時期限定のメニューでした。
なんか、スペインに舞い戻った様な感じでした。

今回のスペイン・ツアーで覚えたスタイルは、オリーヴをアテにワインを飲む事の美味しさでした。

スペインのバル(BAR)で飲み物を注文すると、とりあえずオリーヴの実が突き出しで出てくる場合がよくあります。
これをつまみながらワインを飲むとワインの美味しさがいっそう引き立ちます。

街の市場に行っても、露店でいろんな種類のオリーヴが売られています。
c0152520_053868.jpg

オリーヴの漬け物も多種多様で、アンチョビを中に入れたものや、まわりに巻いたものなどもあります。
c0152520_0534730.jpg

また、スペインの南を旅して、モロッコに入ると、このオリーヴ漬けに唐辛子が入ってきます。
c0152520_054174.jpg

この辺りになると、ネパールやインドのアツァや韓国のキムチに通じる要素を感じます。

オリーヴはまだアジアの食材ではないのかも知れませんが、今後、アジアのアイテムに是非取り入れてみたい食材だと思っています。

というところで、今夜はとりあえずうちの冷蔵庫に常備してあるオリーヴの塩漬けと、ボルドーの安ワインを楽しんでいます。
c0152520_0545491.jpg



最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2009-11-25 01:04 | 料理

マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)

【マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)】

本日、ご紹介するお料理は、「マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)」です。

マッサマン・カリーはタイランドのカリーです。
タイではグリーン・カリーレッド・カリーが有名ですが、このマッサマン・カリーもひと味違って美味しいカリーです。
c0152520_2201746.jpg

今日、仕事が終わって家に帰ると一気に疲れが出て、それから夕食の買い出しに行くのが億劫になってしまいました。
カミさんは出張で静岡に3泊4日で出かけていないし、特別に凝った夕食を作ることもなかったので、何か冷蔵庫の残り物で夕食を済ませようと思いました。

冷蔵庫を覗いてみると・・・・

まず、マッサマン・カリーのペーストが目に飛び込んできました。
c0152520_2244821.jpg

「メー・プロイ」というタイの食品メーカーのものです。

私は日頃からいろんなタイ料理の調味料を冷蔵庫に忍ばせています。
アジアの調味料達は圧倒的に発酵食品が多く、これらの調味料は、冷蔵庫に寝かせておくと、そうとう長持ちします。

マッサマン・カリーのペーストを目にした私は、他にどんな食材があったか考えてみました。

ダイコン、ししとう、レッド・チリ、インゲン、タマネギ、鶏のモモ肉、ココナッツミルク、等々・・・・。
最近寒くなったとはいえ、庭のパクチーもまだ青々しているし・・・・・。

よし、今夜はマッサマン・カリーを作ろう!!

このマッサマン・カリーとは、タイでも主に南のムズリム(回教)の人々の料理です。
タイのカリーとマレーのカリーの中間の様な感じ。

ジャガイモなどがゴロリと入っていたりするのですが、材料は何でも冷蔵庫の残り物で良いでしょう。
マッサマン・カリーのペーストとココナツミルク、それにタイ料理でおなじみのナムプラーがあれば、とりあえず簡単に出来てしまします。

基本的にはグリーン・カリー(グェンキョーワン)などの他のカリーと作り方は同じです。

コツは、最初に鍋に油を入れ、弱火でペーストを炒め、続いてココナツミルクを入れて沸騰させてから他の材料を入れること、そして、隠し味にオイスターソースを使うことです。

タイ料理のレシピ本を見ていると、カリーにオイスターソースはあまり使われていない様に見えますが、実際にタイのレストランのキッチンでは隠し味によく使われている様に思います。
出来ればこのオイスターソースもタイ産のあっさりした物がよろしいでしょう。

では、いっただきま~す!!
c0152520_22411466.jpg

[PR]
by danyai | 2009-11-18 22:44

料理のTEST撮影

【料理のTEST撮影】

学時代のクラブの仲間がうちに来たので、料理を作りました。

そして、早速先日購入したニコンのデジカメで料理をTEST撮影しました。
c0152520_22495050.jpg

c0152520_22501658.jpg

すぐに食べたかったのであまりセッティングに時間をかけている間もなく、今回はライティングなどの小技は全く抜きで撮影しました。

作った料理は

1.ネパール風スペアリブのカリー(スングル・コ・タルカリ)

2.タイ風エビのグリーンカリー(グエンキョーワン・クン)

3.タイ風チキンと青梗菜のオイスターソース炒め

の3品でした。

とりあえず急いでの試撮だったので、写真の出来栄えは・・・全く納得していません。
食事の写真のバックに、猫の便所を映してしまっている失敗なんか、私らしくて良いかなぁ・・・なんて思っています。

少しずつ美味しそうな写真が撮れる様に頑張ります。
[PR]
by danyai | 2009-11-16 23:05

ブログ再開準備

【ブロク再開準備】

しずつブログを再開する準備を整えています。

これまで私が経験してきた、料理と旅のエピソードなどをこのブログから発信して行けたら良いなぁ・・・と考えています。

これまでのブログでは、とにかく写真があまりきれいに撮れていたかったため、美しい写真を掲載できるようにと、とりあえず一眼レフのデジカメを購入しました。
c0152520_1692696.jpg

三脚やライトなどまだこれからそろえていかなければなりませんが、少しずつより良いブログが出来る様に、頑張っていきたいと思います。
なので、本格的にブログが再会するまではもう少しお待ち下さい。

よろしくです!

HIRO
[PR]
by danyai | 2009-11-12 16:12


タイの一大クライミングエリア・クラビで旅行会社を経営してられるゆかこねーさんのwebサイト。
タイ南部のクライミング、ダイビング旅行の際は是非アクセスして下さい。




Blog Garden



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧