カテゴリ:南アジア料理( 8 )

エリンギのカリー

【エリンギのカリー】



**写真をクリックすると大写しになります!!
c0152520_1343828.jpg

今日のランチはエリンギのカリーを作りました。
野菜は他に、インゲン、パプリカを使いました。

エリンギは南アジアではあまり使われない食材ですが、こうしてネパール風のソースで仕上げるとなかなかバッチリ、美味しくいただけます^^
[PR]
by danyai | 2012-12-10 13:46 | 南アジア料理

朝カリー

【朝カリー】



**写真をクリックすると大写しになります!!


朝食で食べたカリーをいつも写真入りでツイートしているのですが、それらを今後ブログにアップするのも良いかも知れないと思いました。

今朝はカリーを食べなかったので、ここしばらくで朝カリーした日の画像をアップしてみることにしましょう。

c0152520_9255020.jpg

これは昨日の朝食のカリー。
タイ風イカと野菜のグリーンカリーです。




他にも・・・
c0152520_9273590.jpg

c0152520_928144.jpg

c0152520_9284990.jpg


このように朝カリーの画像を今後こちらのブログでもアップして行こうと思います^^
[PR]
by danyai | 2012-12-02 09:31 | 南アジア料理

マカーニーソース

【マカーニーソース】



**写真をクリックすると大写しになります!!

今日は冷凍庫の「マカーニーソース(トマトソース)」のストックが切れてしまったので仕込むことにしました。
c0152520_1094320.jpg

野菜ソムリエのmonacoちゃんから自家製のタマネギをたくさんいただいていたので、それを使わせていただきました。

マカーニーソースはカリーのベースとなるトマトソースです。
我が家ではタマネギ2kg分をまとめて作り、冷凍庫にて冷凍保存しておきます。

そしてカリーを調理する時に、必要な分量だけ取り出して使います。
こうしておくと比較的簡単に短時間でカリーを作ることが出来ます。

他にも「パラクソース(ほうれん草のソース)」なども冷凍保存しておくと便利です。

そしてマカーニーソースがいよいよ完成!!
c0152520_13443410.jpg

大量のマカーニーソースを作るのには、そこそこの時間と労力が必要ですが、これをがんばって作っておくと後が楽勝です!^^!
ネパールのレストランのキッチンでもこのソースが大量に作られていて、シェフそれぞれの特徴を持った味。材料に何を使うかはシェフのトップシークレットです。

以前、新潟県長岡市で営んでいた私の店「GANESH」でも、一度に8kgのタマネギを使ってソースを仕込んでいました。

今日仕込んだソースを使って作ったランチは「ネパール風骨付きチキンと野菜のカリー」
c0152520_14254895.jpg

野菜はインゲン、ピーマン、マイタケ、ナスを使いました。
いっただきま~す!^^!







最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2012-08-29 10:19 | 南アジア料理

ここしばらくの・・・

【ここしばらくの・・・】


**写真をクリックすると大写しになります!!**

しばらくブログを更新していない間に、少し料理の写真が溜まってしまいましたので、ここで一気に掲載することに致します。
c0152520_919941.jpg

まずこれはチリマヨ・パスタとでも呼びましょうか?
私のオリジナルパスタ料理?「カンズリ・マヨネーズ」のかんずりの代わりに自家製チリペーストを使ったものです。
茹でたパスタにオリーヴオイルとチリペースト、マヨネーズを和えて、そこに炒めた野菜を混ぜたもの。いたって簡単な料理です。
c0152520_9221344.jpg






そしてその後日には、立ち呑みギャラリー新聞女さんでのエスニック料理イベント。
c0152520_9273697.jpg

ここで今回は「チキン・サイコルマ(インドホテル料理のチキンカリー)」をお出ししました。
この料理はカトマンズのレストランで学んだもの。クリームやナッツがたっぷりのとてもマイルドで濃厚なカリーです。




その他、家では、タルカリエクリ(インドのスクランブルエッグ)などを作って食べたり・・・・
c0152520_9312892.jpg

c0152520_9315335.jpg

c0152520_9321441.jpg

c0152520_9323243.jpg






その翌日には残りのタルカリにシミ・ダルを作り足してダル・バット・タルカリにして食べたりしておりました。
c0152520_9354054.jpg

c0152520_9355764.jpg

c0152520_9361874.jpg

ここで使った豆のシミ・ダルは小豆大の白黒豆。
ネパールのダル料理ではもっともポピュラーなものです。
ここにアンプ・コ・アツァ(マンゴーのピクルス)を添えました。


とまぁ、しばらく更新をサボっている間にはこの様なものを作っておりました^^







最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2011-10-20 09:43 | 南アジア料理

エビのカシミールとモモ

【エビのカシミールとモモ】

今日の朝食はカシミール風エビのカリーとモモ(ネパールのシウマイ)を作りました。
c0152520_1184279.jpg

カシミール風エビのカリーはナッツとクリームたっぷりのコクのあるカリーです。
仕上げにレモン汁をサッと振りかけます。
c0152520_1110864.jpg

もちろん海のないカシミール地方では、海のエビは捕れませんが、このソースはエビにとても良く合います。
c0152520_1111199.jpg

そしてもう一品はモモ。
これはネパール~チベットにまたがるモンゴロイド系民族の料理です。
c0152520_11123510.jpg

形も部族によって異なり、餃子の様な形やシュウマイの様な形があります。
うちではネワール族風にシュウマイの形にしています。
c0152520_1114949.jpg

これを蒸したものをモモと呼びますが、焼いたり揚げたものはコテイと呼ばれます。
ソースもいろいろありトマトチリやヨーグルトで食べられます。
今日はヨーグルトソースで食べました。
c0152520_11211799.jpg

シウマイをヨーグルトで?!と思われる方もいると思いますが、このソースは本当に良く合います。
このソースの作り方は簡単。
ヨーグルトにオリーヴオイル、ジラ(クミン)、コルサニ(チリ)、ヌン(塩)を混ぜ合わせるだけです。
一度お試しを!!


*写真をクリックすると大写しになります!!

最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2010-09-30 11:21 | 南アジア料理

ベンガル風エビとシシトウのカリー

【ベンガル風エビとシシトウのカリー】

さて、今日の朝カリーは?!!

「ベンガル風エビとシシトウのカリー」です。

クリーム系の食材は全く使わない、あっさり系カリー。
ご飯によく合います。

久しぶりに調理風景など・・・**写真をクリックすると大写しになります!!
c0152520_8563293.jpg

このカリーの特徴は、エビを酢に漬けて下味を付けることと、大量の粉パプリカを使うことです。

使用歴20年のHENCKELSの包丁。
良く切れます。
c0152520_8585632.jpg

c0152520_8594663.jpg

粉パプリカとシシトウのダブルでカプサイシン系?の出汁が良く効いています。
そこにビネガーの酸味が重なってサッパリした味。
c0152520_915247.jpg

夏の朝カリーには持って来いの一品です!!





最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by danyai | 2010-08-13 09:05 | 南アジア料理

朝カレー

【朝カレー】

朝カレーの話題が出たので、ここでカレーについて少し・・・。

最近イチロー選手が毎朝カレーを食べている・・・とか言うことで、朝カレーが密かなブームになっている様ですね。

実際にインドなどでは、やっぱり朝からカリーを食べることが多いのですが、実は、インドでは、カリーという料理は存在しないのであります。

インドの人たちも便宜上、外国人に対して、カリーという言葉を使うこともありますが、本当は外国人がスパイスを使った煮込み料理をすべてカリーという名前の元に、一色単にしてしまっているのであります。

なので、みんながインドのカリーと思っている料理は、本当はそれぞれ異なった名前を持っている、異なった料理なのです。

例えば・・・・
マカーニーというのはトマトが豊富なソースの料理。
ドピアージャはタマネギが豊富な料理。
サイコルマはクリームやナッツがたっぷりのホワイトソース仕立て。
ムグライはムガール帝国時代の王宮料理で、溶き卵が入ったものによく使われる名前。
パラクはほうれん草がベースのソース。
ロガンジョーシュはオイルが効いたソース。
などなど・・・

カリーと一からげにされている料理も実はこんなにたくさんの異なった料理なのであります。

これは、例えば・・・
日本料理に置き換えてみると、味噌や醤油を使った煮物をすべて「すき焼き」と呼んでしまっているような感じです。
肉じゃがも魚の煮物も、すべて「すき焼き」になってしまいます。
っていうか、だいたいの日本の煮物料理は醤油か味噌で味付けしてあるので、そういう見方からすると、日本人は毎日すき焼きを食っている・・・となってしまいます。

どうしてカリーと呼ばれるようになったのか?というと、これは私の推測ですが、ネパールや北インドではおかずのことを「タルカリ」と呼びますが、このタルカリという言葉の後ろの部分だけが独立してカリーと言う言葉になったのではないだろうかと思っています。

インドの朝カリー。
主に北インドでは朝食には「アル・マタル」というジャガイモとグリンピースのカリーを食べることが多いようです。
これには「プーリー」という全粒粉で作った揚げパンがよく合います。

カリー豆知識でした^^




最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
↓  ↓  ↓  ↓

Blog Garden

[PR]
by danyai | 2010-06-16 00:29 | 南アジア料理

エビとパプリカのカリー

【エビとパプリカのカリー】

今日は仕事が休みで、朝から時間に余裕があったため、エビとパプリカのカリーを作って食べました。
c0152520_9521282.jpg

このカリーは以前新聞で、バングラディッシュの主婦がレシピを紹介していたものです。
いつもはシシトウを使いますが、今朝は家にシシトウのストックが無かったので、パプリカを入れて作りました。
クリームやヨーグルトなどの乳製品系の食材を使わない、あっさりしたカリーです。

このカリーの特徴は、エビを酢に漬けておいて、そのエビを酢ごと使います。
そしてパプリカの出汁が良く出て、酢の風味と非常にマッチして食欲をそそります。
c0152520_100331.jpg





最後に下のバナーをクリックいただけるとありがたいです。
ご協力ありがとうございます。
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
↓  ↓  ↓  ↓

Blog Garden

[PR]
by danyai | 2010-03-12 10:00 | 南アジア料理


タイの一大クライミングエリア・クラビで旅行会社を経営してられるゆかこねーさんのwebサイト。
タイ南部のクライミング、ダイビング旅行の際は是非アクセスして下さい。




Blog Garden



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧