<< オリーヴのある風景 料理のTEST撮影 >>

マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)

【マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)】

本日、ご紹介するお料理は、「マッサマン・カリー(グェーン・マッサマン)」です。

マッサマン・カリーはタイランドのカリーです。
タイではグリーン・カリーレッド・カリーが有名ですが、このマッサマン・カリーもひと味違って美味しいカリーです。
c0152520_2201746.jpg

今日、仕事が終わって家に帰ると一気に疲れが出て、それから夕食の買い出しに行くのが億劫になってしまいました。
カミさんは出張で静岡に3泊4日で出かけていないし、特別に凝った夕食を作ることもなかったので、何か冷蔵庫の残り物で夕食を済ませようと思いました。

冷蔵庫を覗いてみると・・・・

まず、マッサマン・カリーのペーストが目に飛び込んできました。
c0152520_2244821.jpg

「メー・プロイ」というタイの食品メーカーのものです。

私は日頃からいろんなタイ料理の調味料を冷蔵庫に忍ばせています。
アジアの調味料達は圧倒的に発酵食品が多く、これらの調味料は、冷蔵庫に寝かせておくと、そうとう長持ちします。

マッサマン・カリーのペーストを目にした私は、他にどんな食材があったか考えてみました。

ダイコン、ししとう、レッド・チリ、インゲン、タマネギ、鶏のモモ肉、ココナッツミルク、等々・・・・。
最近寒くなったとはいえ、庭のパクチーもまだ青々しているし・・・・・。

よし、今夜はマッサマン・カリーを作ろう!!

このマッサマン・カリーとは、タイでも主に南のムズリム(回教)の人々の料理です。
タイのカリーとマレーのカリーの中間の様な感じ。

ジャガイモなどがゴロリと入っていたりするのですが、材料は何でも冷蔵庫の残り物で良いでしょう。
マッサマン・カリーのペーストとココナツミルク、それにタイ料理でおなじみのナムプラーがあれば、とりあえず簡単に出来てしまします。

基本的にはグリーン・カリー(グェンキョーワン)などの他のカリーと作り方は同じです。

コツは、最初に鍋に油を入れ、弱火でペーストを炒め、続いてココナツミルクを入れて沸騰させてから他の材料を入れること、そして、隠し味にオイスターソースを使うことです。

タイ料理のレシピ本を見ていると、カリーにオイスターソースはあまり使われていない様に見えますが、実際にタイのレストランのキッチンでは隠し味によく使われている様に思います。
出来ればこのオイスターソースもタイ産のあっさりした物がよろしいでしょう。

では、いっただきま~す!!
c0152520_22411466.jpg

[PR]
by danyai | 2009-11-18 22:44
<< オリーヴのある風景 料理のTEST撮影 >>


タイの一大クライミングエリア・クラビで旅行会社を経営してられるゆかこねーさんのwebサイト。
タイ南部のクライミング、ダイビング旅行の際は是非アクセスして下さい。




Blog Garden



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧